ゆるセミの現実的なセミリタイア像はどのようなものか?

雑記
スポンサーリンク

こんにちは。ゆるセミ(@yuru_semi)です。

ゆるく目指すセミリタイア生活を略して、ゆるセミです。

今日は疲れて帰ってきて、へこむことがあったのでブログ書くのをやめようかと思いました。

しかし、早くセミリタイア生活を送りたいので、今日もコツコツとブログを書くことにします。

そんな今日の話題は、ゆるセミの現実的なセミリタイア像です。

セミリタイアと一言で言っても、色々な人々が色々なスタイルのセミリタイアを送っています。

僕自身はどんなセミリタイアを送るのかを考えてみました。

 

スポンサーリンク

ゆるセミの現実的なセミリタイア像

赤字と預金通帳

セミリタイア生活を達成した後にやりたいことは色々とありますが、今回はセミリタイアした後の生活を具体的に想像してみます。

ですから、今までの記事で書いたような「やりたいこと」に関しては、度外視しています。

【セミリタイア後にやりたいこと】その1.英語を学びたい
【セミリタイア後にやりたいこと】その2.お遍路

 

では、現実的なセミリタイア生活を見ていきましょう。

 

月の支出は15万円以内

月の支出を15万円におさえることになるでしょう。

税金も含めて月の支出を15万円以内としたいので、実質の生活費としては7~8万円程度でしょうか。

家賃が安い住まいに引っ越し、もしくは、実家に帰ることで家賃を削ります。

飲み会が無くなり、書籍は図書館を利用することで買わないようにし、食費はすべて自炊でまかなう。

実家であれば、畑で作物を作って育てるのもいいかもしれません。

自動車は手放すことになるでしょう。

自動車税やガソリン代、車検代などの負担が大きいので。

奨学金を返済しているのが大前提のプランとなっています。

 

15万円でおさえることができれば、年間の費用は180万円。

現在の目標額500万円を取り崩すだけでも、2年9ヶ月はセミリタイア生活を送れるでしょう。

その2年9ヵ月の間に何らかの自分で稼ぐ手段を模索したいところです。

気分は、30歳のモラトリアムといったところでしょうか?

 

副業での収入は月5万円程度

ここもけっこう現実的な数字です。

今までゆるセミがやってきた副業で実際に稼げたのはWEBライターだけでした。

詳しく言えば、ブログなんかも稼げる前に続かなくなったと言った方が正しいでしょう。

とにかく、稼ぐことができたのはWEBライターだけなのです。

WEBライターは、記事を書くことで報酬を得るのですが、いかんせん単価があまり高くありません。

有名なライターになれば高いのでしょうが、ゆるセミの場合はまだまだです。

実際にWEBライターで稼いだ金額は15,000円。

これは、年末の長期休暇のときに稼いだ金額だったので、実際に働かなくてよくなればもっと稼げそうです。

ただ、生来のゆるセミの性格として、追い込まれなければやらないというものがあります。

つまり、時間があっても、生活できなくなるとわかっていても、めちゃくちゃ稼ぐほど自発的に働くかと問われると疑問なわけです。

このことから、ゆるセミ的に自分自身を見積もって、月5万円程度を稼ぐのが関の山かなと感じています。

けっこう現実的な数字かなと思っています。

 

健康のために運動を始めるが、基本的にグータラしている。

ゆるセミはなんだかんだ言いながら、心配性な部分があります。

将来のことについてはけっこう思い悩むのです。

ですから、健康面を考え、運動を始めるでしょう。

かといって、激しい運動では長続きしないから、散歩やラジオ体操などをするのではないでしょうか?

そして、それ以外はグータラしていそうです。

実際に、けっこう休みの日はグータラやっているので、セミリタイア生活を始めてもそこはあまり変わらない気がします。

セミリタイア生活を続けるためには、お金をあまり使うわけにはいかない。

でも、外出するとお金を使う。

だから、家でゴロゴロしているのが一番良い。

おそらく、そんな思考回路が僕の中で出来上がるでしょう。

そして、そんなセミリタイア生活を送っている姿が一番現実味がありますね。

自分で言うのもなんですが。

 

【番外編】理想のセミリタイア像

理想

朝は仕事を辞める前と変わらず、7時過ぎに起床。

ラジオ体操で身体を目覚めさせ、シャワーを浴びる。

朝食は軽めのサラダと目玉焼き、スープ。

その後は、読書をしながら食休め。

食休めが終わると家事をこなし、毎日日課の掃除をする。

掃除は、日毎に場所を変えて掃除をしているから、毎日ピカピカだ。

昼食は、街に出かけて、外食。

ぶらりと街を見て回り、お気に入りの喫茶店でコーヒーブレイク兼ブログ執筆。

1記事書きあげたら、家に帰り、夕食の準備。

夕食を済ませたら、動画を撮り、風呂に入る。

寝る前には、手帳に思い浮かんだことなどを書き留め、瞑想をし、10時には布団に入る。

ブログと動画の広告収入・投資の配当金で月の支出よりも稼ぎの方が多いから、お金の心配もあまりしなくてもよい。

積立投資に回す余裕があるほどだ。

最近は、不動産投資も視野に入れ、目下勉強中。

 

これが、ゆるセミ的な理想のセミリタイア像ですね。

なかなか実現は難しいと思いますが、現実的なセミリタイアではなく、理想のセミリタイアを目指せるように頑張ります。

 

まとめ

今回は、ゆるセミが考える現実的なセミリタイア像について書いてみました。

これは今現在で僕が思う現実的ですから、変わる可能性もあります。

というか、変わって欲しいなぁーと思います。

目標は理想のセミリタイア像ですね。

とはいえ、性格から変える必要性がありそうだから、難しいと思いますが。

無理をせず、ゆるく頑張っていきます。

 

コメント