サラリーマンの僕が仕事を辞めたいと思う理由5選

頭をかかえる男性 セミリタイアチャレンジ
スポンサーリンク

こんにちは。ゆるセミ(@yuru_semi)です。

今回は、僕が仕事を辞めたいと考えている理由を書いていきたいと思います。

すでに動画で公開していますので、読むのが面倒な方は動画の方からどうぞ。

 

 

スポンサーリンク

理由1.仕事が楽しくないから

悩む男性

営業職をやっています。

営業では、自分の勧めた商品やサービスが売れたときが一番楽しい瞬間だなんて聞きます。

また、営業に出始めて最初に売れた商品は今でも忘れないと。

こういう話を新入社員の時に聞いて、そうなのかと思いながら、営業をしているわけなのですが、まったく楽しくありません。

商品やサービスがいくら売れようが、楽しいとは思わず、ノルマのプレッシャーから解放されるという思いがあります。

ただそれだけのことです。

つまり、日々の営業は流れ作業というか、毎月のノルマから解放されるためにやっているようなものであり、楽しいとかそういうことは感じたことがないですね。

 

理由2.苦手な人々との人間関係

営業職をやっていると様々な人たちと出会います。

営業職といっても、ルート営業ですので、既存のお客様を営業で回ることになります。

そのため、既存のお客様とは何年単位でのお付き合いです。

そうなると自分と相性の悪い苦手な人がいたりすると大変です。

その苦手な人と何年もかかわるのは、毎日が嫌になりますよね。

 

理由3.飲み会が多い

乾杯の瞬間

営業職だと飲み会が多いです。

月に4回ぐらいは平均するとあるのではないでしょうか?

1週間に1回の計算ですよ。

多過ぎです。

そして、その飲み会では一発芸をやらされたりすることもあります。

そんな飲み会は嫌ですよね。

 

理由4.プライベートな時間に仕事が入ってくる

基本的に完全週休2日制ですので、土日は休みです。

しかし、営業用の携帯にお客さんから普通に電話があります。

土曜日にクレームの電話なんか来たら、土日の休みに何の意味もないですよ。

また、土曜日の夜にお客さんとの飲み会が入ることもあります。

もちろん、接待です。

土曜日まで接待の飲み会したくないですよね。

 

理由5.僕の人生これでいいのだろうか?

頭をかかえる男性

僕の人生は一度きりです。

その人生の大きな部分を占める仕事。

その仕事が、この仕事でいいのだろうか?

そういう風に考えてしまいます。

かといって、就きたい仕事が他にあるわけでもありません。

ただ、今後の人生をこの鬱々とした感じで仕事をしていて過ごすのかと思うと、気分は最悪です。

何か一発逆転の方法はないものか?

この状況から抜け出す方法はないのか?

そんな思いが尽きません。

まとめ

仕事を辞めるのか逃げなのか?

そういう風にも思いますが、上に上げたように今の仕事はあまり好きではありません。

かといって、今の仕事を完璧にこなせているわけでもありません。

だから、今の仕事を辞めることは逃げなのかもしれません。

でも、今の仕事を続けて、このままでいいのかという思いを抱えたまま、年を重ねていくぐらいならば、逃げてでも新しい景色を見てみたいと思ったりもします。

正解なんて、人生の最後にならなければわからないのかもしれませんね。

コメント