セミリタイア生活のメリットとデメリット

セミリタイアチャレンジ
スポンサーリンク

こんにちは。ゆるセミ(@yuru_semi)です。

ゆるく目指すセミリタイア生活を略して、ゆるセミです。

毎日のフルタイムの労働が嫌でセミリタイア生活を目指しているわけですが、セミリタイア生活のメリットとデメリットがあるのだろうかと考えました。

というわけで、セミリタイア生活のメリットとデメリットについて考えていきましょう。

 

スポンサーリンク

セミリタイア生活のメリット

それでは、セミリタイア生活のメリットから見ていきましょう。

 

メリット1.自由な時間が増える

時計

セミリタイア生活のメリットで真っ先に思い浮かぶのが、仕事にいつも行かなくてよいということです。

つまり、自由な時間が増えます。

現代社会では、おそらく、ほとんどの人が好きでもない仕事に行っていると思います。

その理由は、生活費のためだったり、こどもの教育費のためだったり、お金が欲しいからだったりします。

しかし、セミリタイア生活を達成することができれば、毎日仕事に行かなくてよくなります。

もちろん、セミリタイア生活を達成するために貯金などは十分に蓄えなければなりませんが、それを乗り越えれば、仕事から解放されるのです。

 

人間の生きている時間の1/3は寝ている時間と言われます。

そして、残りの2/3が自由な時間になるのですが、その自由な時間も老後の身体が自由にならない時間を引くとさらに少なくなります。

60歳まで一生懸命働いて、老後に第二の人生を楽しもうとしても身体が自由に動く期間は僅かということです。

ですから、早くセミリタイアをして、より多くの自由な時間を確保できれば、人生をもっと楽しめそうですね。

自由な時間が増える!

これは大きなメリットですね!

 

メリット2.煩わしい人間関係からの解放

仕事をしているとどうあっても自分と合わない人とでも同じ空間にいなければなりません。

また、お客さんに苦手な人がいる場合などは最悪ですね。

ゆるセミも営業なので、お客さんに苦手な人がいたときの絶望感がすごいです。

「苦手な相手だけど、売り上げを落とすわけにもいかないから」

「仕事だから仕方ない」

そんな風に自分に言い聞かせ、仕事をしています。

 

しかし、セミリタイア生活を達成できれば、そんな面倒な人間関係ともおさらばすることができます。

なぜなら、家に引きこもれば、家族以外の誰とも会わないで済むからです。

人間関係が苦手な人や面倒な人にとっては、セミリタイア生活というのはストレスフリーになるのかもしれませんね。

 

メリット3.自分の人生に主導権をもてる

生活費を得るために仕事をしている人にとってはこのメリット3が一番大きいメリットかもしれません。

お金のために働いているとどうも自分の人生なのに、好きに選べていない気がしてきます。

もちろん、勤め先は自分で選んだのですが、仕事をやらされている感じです。

そして、仕事のために土日は身体を休めて、平日はまた仕事。

その繰り返しが60歳まで続く。

もしくは、リストラされる日まで続く。

 

そんな人生でいいのでしょうか?

僕らの人生ってそんなものなんでしょうか?

 

ゆるセミは、自分の人生は自分で主導権を持っていたいです。

自分が操縦桿を握っていると思ったら、誰かに奪い取られていたのですから、奪い返しましょう。

そのためのセミリタイアだと思っています。

そして、セミリタイア後は時間の使い方や人間関係を自分で選んでいけると考えています。

だから、自分の人生に主導権を持つことがメリットになります。

 

セミリタイア生活のデメリット

今度はセミリタイア生活のデメリットを見ていきましょう。

 

デメリット1.社会とのつながりが希薄になる(孤独感に苛まれる)

良くも悪くも仕事をしているときは、社会の歯車の一部です。

しかし、仕事を辞めるとそうではなくなります。

セミリタイア生活を送っている人のブログなどを読んでいると、誰とも会わない日や話さなかった日などがあるみたいです。

仕事をしているとそんな日があるのは考えられませんね。

仕事で忙しいときはそんな生活にも憧れるかもしれませんが、ずっとその生活が続くとなると耐えれない人もいるようです。

社会とのつながりが希薄になることで、孤独感にさいなまれるのでしょう。

 

デメリット2.お金の不安が付きまとう

お金が散って、頭を抱える写真

これは仕事をしているときに、一生懸命貯金して、セミリタイア生活はその貯金を取り崩しながら送っている方に多くみられる感じでした。

やはり、仕事を辞めたあとにでも、稼ぐことができないとお金の不安が付きまとうようでした。

確かに日に日に減っていく貯金残高を見ていると、不安にもなってくるでしょうね。

そして、この前のように「年金が足りない」なんてニュースが流れたら、不安感はさらにとてつもないものになると思います。

お金の不安は無くならないのかもしれませんが、仕事以外にも稼ぐ手段や不労所得などを作っておくことは大事みたいですね。

 

デメリット3.時間を持て余す

時間を持て余すというのは、時間がたくさんあるということなので、メリットと表裏一体ですね。

セミリタイア生活では、とにかく時間があります。

ですので、その時間の使い方をしっかり考えておかないと、無意味な時間がただただ通り過ぎてしまいます。

時間が余り過ぎて、仕事をする生活に戻った方もいるぐらいですからね。

 

まとめ

色々と書いてきましたが、ゆるセミはセミリタイア生活を送っているわけではありません。

現在目指している最中ですので、こんなメリットとデメリットがあるのかなと想像で書きました。

色々なセミリタイア生活を綴っているブログを読んできたので、あながち間違ってもいないメリットとデメリットだと思います。

 

メリットが3つ。

  • 自由な時間が増える
  • 煩わしい人間関係からの解放
  • 自分の人生に主導権をもてる

デメリットが3つ。

  • 社会とのつながりが希薄になる(孤独感に苛まれる)
  • お金の不安が付きまとう
  • 時間を持て余す

 

上記をご紹介しました。

セミリタイア生活も良いことばかりじゃないでしょう。

仕事をしていないと体験できないこともあると思います。

しかし、ゆるセミはセミリタイア生活を目指します。

 

コメント