【仕事を辞めたい病】2022年にはセミリタイアをしたいのです。

時計 お金の話
スポンサーリンク

こんにちは。ゆるセミ(@yuru_semi)です。

ゆるく目指すセミリタイア生活を略して、ゆるセミです。

最近もそうですが、仕事を辞めたい病が悪化してきております。

定期的に悪化するんですよね。

とはいえ、今のところはセミリタイアは難しい。

でも、できる限り早くセミリタイアをしたい。

その妥協点はどこか?

それについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

セミリタイアできるのは最短でも2022年か?

僕はセミリタイアをするためにいくつかの条件を作っています。

  1. 奨学金を完済すること
  2. 月4万円(年間48万円)の副収入があること
  3. 現金120万円の生活費
  4. 健康状態の改善

この条件については動画で解説しています。

さて、 そんな条件を達成できそうなのはいつか?

今のところ最短でも2022年と想定しています。

これは今のペースでそのままいくとということです。

最短でも2022年にセミリタイアが可能だとする理由

さて、というわけでいくつか理由を述べていきたいと思います。

理由1.奨学金の残りは110万円

理由の1つ目は奨学金が残り100万円ちょっとということです。

昨年(2020年)は、約230万円ほど貯金や投資にお金をまわすことができました。

この金額の一部を奨学金の返済に回すだけでいいので、奨学金の完済は2021年中に可能だと考えています。

理由2.高配当株投資で月4万円(年間48万円)を達成できるかも。

現状、配当金は年間15万円ほどとなっています。

この配当金を2021年中には年間25万円にはもっていけるのではないかと考えています。

さらに2022年中には年間48万円も狙えるかなぁーと。

JTの減配という事態はありましたが、その代わりにグローバルX社のDIVという高配当株ETFに投資を始めました。

このETFは、年間12回の配当があり、利回りもそれなりに高いETFとなっています。

また、エイリスキャピタル(ARCC)にも投資を始めました。

こちらも利回り10%近くある銘柄です。

とはいえ、最近は株高で買い増すのは微妙になってきました。

これは年間48万円の配当金が遠のくかもしれません。

理由3.現金120万円の生活費には退職金がある

セミリタイア後の生活費は月10万円を見込んでいるわけですが、1年くらいは生活費を現金として持っておきたいところです。

というわけで、120万円の現金を貯めることを条件の1つとしています。

さて、ここで突然ですが、退職金っていくらもらえるか調べたことありますか?

昼休みなどみんなが会社を出ていった隙に会社の規定集を読んで、計算して、個人的に調べたところ40万円程度はもらうことができそうでした。

セミリタイアですので、自己都合退社になるため大分減るのですが、それでも40万円ほど貰うことができれば大きな足しになります。

コツコツと貯金をして、退職金も合わせればセミリタイアするまでには現金120万円はいけるかなという印象です。

理由4.健康状態の改善は日々の努力

健康状態の改善は、もう日々の努力ですね。

バランスの取れた食事と適度に身体を動かすこと。

たまに気合を入れて身体を動かしますが、昔に比べると全然動けなくなってますね。

身体が重い重い。

でも、少しずつ頑張っていきましょう。

今のところ大きな病気などはないので、これからもこの調子でいけるように気を付けます。

2022年をセミリタイア元年にしたい!

以上のような理由から、最短だと2022年にはセミリタイアができるのではないかと考えています。

しかし、確実に達成できそうなのは、奨学金の完済と現金120万円のみ。

他の2つは運が絡みます。

配当金が増え続けるかどうかは減配がないということと、入金力を向上し続けられるかに掛かっています。

健康状態は急に病気になることや、怪我することもあるかもしれません。

まぁ、そういったことに気をつけつつ、コツコツと頑張っていくしかないのでしょうね。

これからも自分を騙し騙しで、仕事をしていきましょう。

今の仕事の耐えられなくなる前に、無事に脱出できたらいいなぁー。

コメント