セミリタイアを目指すことはマラソンと似ている

走る人 雑記
スポンサーリンク

こんにちは。ゆるセミ(@yuru_semi)です。

実は、ゆるセミは陸上部に所属しておりました。

種目は長距離走です。

駅伝なども走りました。

そんな僕がセミリタイアを目指す上でマラソンに似ているなと感じたので、徒然と書いていこうかなと思います。

 

スポンサーリンク

挑戦し、続ければ、やがてゴールにたどり着くことができる

走る人

マラソンとセミリタイアが似ていると感じた点は、「続ければ、やがてゴールにたどり着くことができる」という点です。

マラソンはゴールを目指して、走ります。

セミリタイアも仕事を辞めて、その後を幸せに生きていくためにお金を貯めたり、節約生活を送ったりします。

つまりは、どちらも続けていくことができればゴールにたどり着くのです。

 

しかし、そもそも続けるための一歩を踏み出さない人が多いのも事実です。

マラソンでも、長い距離を走ることなんかできないからと挑戦できない人がたくさんいます。

たしかに、走り始める前にはマラソンで走る距離は途方もないと感じるでしょう。

また、マラソンでは上り坂や下り坂、追い風や逆風、転倒やケガなどのトラブルもあるかもしれません。

それらの可能性を加味しても、挑戦しなければゴールにはたどり着くことはできません。

走っている人たちを応援している人になっては、自分自身はゴールへはたどりつけないのですから。

 

セミリタイアもこれと一緒です。

セミリタイアを夢物語だと思って、挑戦することを諦める人がいます。

もったいないことだと思います。

マラソンだって、走るのが無理なら、歩くことでゴールにたどり着くことができます。

セミリタイアだって、挑戦し、続ければ必ずセミリタイアできるのです。

もちろん、どちらも辛さを我慢しなければならないことがあるかもしれません。

さらには、何かのトラブルに遭う可能性もあります。

それでも、続けることが大事です。

いずれは、セミリタイアできることでしょう。

 

語ってみましたが、自分への鼓舞の意味も含んでます

ガッツポーズをとるビジネスマン

最近は、年度末で仕事が忙しいです。

この忙しさにかまけて、ブログの更新が滞っているなと感じています。

ですから、このように自分で自分を鼓舞するような内容のブログを書いてみました。

セミリタイアを目指すというのは、長い道のりだと思います。

その途中、諦めたくなるような時もあると思います。

しかし、諦めたらセミリタイアは一生かかっても達成できません。

今後も頑張っていこうと思います。

まだ、26記事しか書いていないのに何を言ってんだかという感じですがね(笑)

 

最近は、モチベーション的にはブログよりYouTubeの方が大きいですね。

ですが、どちらのメディアを育てることも大事だと思ってますから、頑張ります。

毎日更新できなくても、少しずつでもこのブログの内容が充実していければ、同じようにセミリタイアを目指している人や仕事を辞めたいと悩んでいる人たちに届くかもしれませんし。

そもそもは、セミリタイアのことをブログやYouTubeで発信しているのは、就職することしか考えていなかった昔の自分のような人をどうにかしたくて発信しているのかもしれません。

あの日の自分に、「就職以外の選択肢もあるよ」と伝えたいのかもしれません。

 

ただ、今の自分を未来の自分が振り返ったときに、伝えたいことは別にあるかもしれませんがね。

なんか自分の書きたいことだけをつらつらと書いてきたら、いつの間にか1000字超えてましたね。

びっくりです。

これ以上、みなさんに冗長な文章を読んでいただくのも気が引けますので、そろそろ終わります。

これからもセミリタイア生活を目指してがんばります。

コメント