セミリタイアをして目指す、幸せとは何か?

スポンサーリンク

こんにちは。ゆるセミ(@yuru_semi)です。
ゆるく目指すセミリタイア生活を略して、ゆるセミです。
セミリタイア生活を送ることを目標としているわけですが、なぜセミリタイア生活を目指すのかというと幸せになるためです。
ただ、「幸せ」と一言に言っても、幸せとは何かわからないですよね。
今回は、その幸せについて書いていきます。

スポンサーリンク

幸せとは脳内物質による作用だが、それは本質では無い

幸せな瞬間は脳内のセロトニンやドーパミンと言った物質が発生している場合です。
これは、幸福ホルモンと言われている物質になり、他にも何種類か存在します。
この幸福ホルモンがでている瞬間だけが幸せと感じる場合であるならば、そのホルモンが出るように脳に電流を流せば、永久的に幸福になれるはずです。

しかし、その状態を幸せと言う人はなかなかいないのではないかと思います。
やはり、幸せというのは満ち足りた状態のことを指すのでは無いかと考えています。

満ち足りた状態とは何か?

満ち足りた状態とは、人生に満足している状態と言い換えても良いかもしれません。
日々の生活や何気ない瞬間に、「あぁ、幸せだなぁ~」と感じることができれば、満ち足りている状態と言えるでしょう。
しかし、普段の生活でそういう事を感じれるかと言えば、なかなか感じることはできません。
多くの人にとって幸せを感じれない一番の要因は、仕事でしょう。
仕事は、お金をもらうために仕方なくやっている人が大半です。
そういう状況で幸せになれるのかというと、なれないでしょう。

嫌々やっている仕事に、毎日多くの時間を使っている。

この状況は幸せから遠ざかっている感じがしますね。

もちろん、発想の転換で仕事にやりがいを感じ、仕事を楽しいと捉えている人がいれば、多くの時間を楽しいことに使えているので、幸せと感じることができるでしょうが。

さて、ゆるセミの場合ですが、仕事を嫌々やっています。
朝早くに起きて、仕事に行くのも嫌です。
遅くまでクタクタになるまで働くのも嫌です。
せっかくの休日にお客さんから電話がかかってくるのも嫌です。
そういった理由から、仕事を辞めないと幸せを感じることはできないんじゃ無いかと考えました。

「仕事を辞める=幸せ」とは言えないですが、幸せと感じる瞬間は増えるでしょう。
そういう満ち足りた状態にしたいから、セミリタイアという生活方法を決断したのです。

満ち足りた状態を維持するのも、また難しい。

ゆるセミが仕事を辞めることができ、セミリタイア生活を送ることができたとしましょう。おそらく、仕事を辞めた当初は満ち足りた状態で幸せを感じることが増えると思います。
しかし、その状態は継続しません。
仕事を辞めて、安定的な収入がなくなったことによる「生活の不安」という問題が頭をもたげてくるからです。

だからこそ、ゆるセミは仕事以外でのお金を稼ぐ方法を模索しています。
このブログもそうですが、YouTubeや投資もそうです。
ブログやYouTubeや投資は、仕事と何が違うのかというと、自分の裁量でできるというのが一番大きな点です。
一般的な仕事は、基本的には会社からの指示により働きます。
しかし、ブログなどは自分の意思で働きます。
そこは大きな違いで、やらされているわけではなく、自分からやっている状況です。
自分自身の力で何かを成し遂げている。
誰かの力になっている。
自分の力だけでお金を稼いでいる。
そういったことが、自分に対する自信となり、満ち足りた状態を作るために一役買ってくれます。

自分に対する適度な自信は、人生において幸せになるための大事な要素だと考えているからです。
「僕なんて」と卑屈になっていると、幸せになるのも難しいです。
自信過剰になる必要はありませんが、ある程度の自信は必要です。

話が若干それましたが、仕事を辞め、「生活の不安」という新たな問題を自分の力で稼ぐことで打破する。
そして、その状態を続けていく。
この流れは、満ち足りた状態を作る上で大事なステップでしょう。
ゆるセミも目指すはそこです。

このブログもこれからも頑張って続けていきます。

まとめ

幸せとは脳内物質がでていいる状態では無く、満ち足りた状態です。
満ち足りた状態を作るためにも、ゆるセミは仕事を辞めることを決断しました。
そのための準備を今やっています。
そして、自分の力で稼ぎ、自信をつけることで満ち足りた状態を維持していけるよう頑張ります。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。