一日一食生活を送る上での必要な栄養について考えてみます。

ナス炒め定食 セミリタイアチャレンジ
スポンサーリンク

こんにちは。ゆるセミ(@yuru_semi)です。

一日一食で生活を送っている方々がいます。

一般の方だけでなく、医療関係者の方も送っている方は多いです。

一日一食のメリットは、カロリー摂取量が減るので痩せることや食事の回数が減るので、一食分の食事という時間を確保しなくてもいいことなどがあげられます。

ゆるセミはダイエットと食費削減の観点から、この一日一食生活に挑戦してみます。

ただ気になるのは、栄養面に関すること。

「一日一食生活では栄養が足りないのじゃないか」と思っています。

ですので、今回は勉強を兼ねて、栄養の記事を書いてみます。

 

スポンサーリンク

一日一食生活に必要な栄養は、大きく5つに分けられます

人間が生きていく中で必要な栄養素は、大きく分けて5つになります。

炭水化物たんぱく質脂質ミネラルビタミンです。

これを五大栄養素と言ったりするみたいです。

では順番にみていきましょう。

 

太る原因と言われ、避けられる「炭水化物」

【1日必要なエネルギー総量に対する割合:50~65%】

ここ何年かは、糖質制限ダイエットが流行っています。

そのせいか、炭水化物を食べなければ痩せると思っている方も多いと思います。

しかし、炭水化物は身体を動かす大事なエネルギー源の1つです。

炭水化物の量を減らすのはカロリー制限という意味合いで良いかもしれませんが、まったく摂取しないようにするのはやめた方がいいでしょう。

僕も一日一食生活のメインのエネルギー源として、炭水化物はしっかりと摂っていきたいと考えています。

 

筋肉を維持・大きくするために欠かせない「たんぱく質」

【一日に必要な目安となる摂取量:60g(筋肉を増やすなら120g)】

たんぱく質は筋肉を維持したり、大きくするために必要になってきます。

ボディビルダーをやっている方などは、その筋肉を維持したり、大きくするために多くのたんぱく質を摂取しています。

そのため、あれだけの素晴らしい筋肉美をしているのでしょう。

そして、このたんぱく質はきれいな身体を手に入れるためにも必要です。

たんぱく質が不足し、筋肉が減少してくれば、痩せていてもハリのないボディになります。

やっぱり痩せるならカッコよく痩せたいので、たんぱく質は摂っていきたいですね。

 

身体にとって大きなエネルギー源となる「脂質」

【1日必要なエネルギー総量に対する割合:20~30%】

脂質は、身体にとって炭水化物・たんぱく質以上のエネルギー源となります。

それは、1gあたりから9キロカロリーを作り出すことができるからです。

人間が一日に使うカロリー量は、ざっくり2,000キロカロリーです。

もちろん男女や体型などで個人差はあります。

しかし、その2,000キロカロリーを脂質なしでまかなうのは大変なので、脂質もとっていきましょう。

また、脂肪として身体を守るための働きもあるので、脂肪を減らしたい場合でも摂った方がいいだろうと考えています。

 

身体を作る働きがある「ミネラル」

ミネラルは無機質の栄養素になります。

代表的なものが、カルシウム、ナトリウムだと思います。

カルシウムは、牛乳などに含まれていて、骨をつくる働きをするのはほとんどの人が知っているでしょう。

ナトリウムは食塩などに含まれていますね。

ナトリウムの働きの中には、血圧の調整というものもあり、摂りすぎると高血圧になります。

一日一食生活では、和食を中心にしていきたいのですが、和食は塩分も多くなりがちなのでそこは注意ですね。

 

身体の働きのサポーター「ビタミン」

ビタミンは、身体の様々な働きを陰ながらサポートしてくれている栄養素です。

ビタミンCなどは不足するとお肌が荒れたり、シミができやすくなったりするので、女性の方はけっこう意識をして摂られている方もいるのではないでしょうか?

様々なビタミンを摂らなくてはいけないので、けっこう大変かもなぁーと思ったりもしてます。

野菜ジュースで何とかなるのでしょうか?

 

「完全栄養食はどうだろう?」と考えてみる

ハテナマークと女性

完全栄養食というものを知っていますか?

人間が生きていくのに必要な1日の栄養素を、ギュッとまとめた食事というかサプリメントみたいなものです。

つまり、この完全栄養食だけを摂取していれば他の栄養素は摂る必要がないということ。

いくつかあるのでインターネットで検索して見てみましたが、なんともおいしくなさそう。

それに、こういったものばかりを食べているとせっかくの食事の楽しみがなくなるので、今回の一日一食生活では取り入れないことにしました。

ただ、忙しくて食事をとる時間さえも惜しい人にとっては、選択肢の一つになりえるのだと思いました。

 

上記のことを鑑みて、ゆるセミの一日一食生活はどうする?

なす炒め定食

僕の場合の、一日一食生活は基本として昼を食べるようにしたいと思います。

というのも、夕食は帰ってきてから食べるので遅くなるのとブログやYouTube動画を撮るための時間がなくなるのが惜しいからです。

昼食の時間帯は、仕事に拘束されている時間なのでその方がいいと思っています。

 

また、基本は定食などのごはんと汁ものとメインの料理と小鉢が付いたような食事をしたいと思います。

間違っても、ラーメンに焼めし、ギョーザなどの糖質セットはやめておくつもりです。

栄養が偏りそうですので。。。

 

でも、気を付けていてもおそらく栄養素は不足します。

ですから、その補填として、プロテインを1日2回摂取しようと考えています。

たんぱく質の不足もそうですが、プロテインにはビタミンも含まれているので、その不足を補う上でもいいのではないかと。

また、野菜系の不足も心配されるので、野菜ジュースを飲むことも考えています。

プロテインに関しては決定ですが、野菜ジュースを取り入れるかはしばらくやってみて決めようかと思います。

 

まとめ

ダイエットと食費節約のために、一日一食生活を始めました。

ただ、栄養素の不足が懸念されます。

その栄養素とは、炭水化物・たんぱく質・脂質・ミネラル・ビタミンといった五大栄養素。

それぞれが身体にとって必要な働きをしてくれる栄養素になり、不足すると生活習慣病などの病気にもなったり、身体の働きがうまくいかなくなります。

そのためにも、定食を中心とした食事を摂りながら、プロテインや野菜ジュースなどで補てんしていくような感じになると思います。

また、一日一食生活を送っていく中で変更などもしていく可能性もあります。

とりあえず、今日から始まった一日一食生活はこのような方針で進めていきます。

 

 

 

 

 

 

コメント