YouTubeに動画投稿していて感じること

敬礼する警察官 雑記
スポンサーリンク

こんにちは。ゆるセミ(@yuru_semi)です。

僕は、YouTubeに動画を投稿しています。

正直言うと「毎日何を話そうかな?」とか考えるの大変だったりします。

基本的なテーマはセミリタイアということでやらせてもらっているものの、それだけだとなかなか動画のアイディアが浮かびづらいです。

かといって、テーマからずれると何の動画かわかりづらくなる。

難しいポイントですね。

今回は、こんな感じで動画投稿をしていて感じることを徒然と書いていきましょう。

 

スポンサーリンク

毎日動画投稿している人をマジ尊敬します。

敬礼する警察官

毎日の動画投稿をしているYouTuberの人たちもいらっしゃいます。

自分が動画投稿をし始めて思うのですが、それってすごいことですよね。

 

僕が視聴者として動画を見てただけのときは、毎日投稿されていなかったら、ちょっと残念な気持ちになってました。

仕事が終わって、新しい動画が出てるかなとワクワクしながら、YouTubeのアプリを開くのです。

でも、更新されてなかったら、なんか手持ち無沙汰になってどうしようかなぁーって。

YouTubeを観ながら、スーパーで買ってきた弁当を食べるのが、帰宅後の楽しみだったのですから。

 

しかし、今はYouTubeに動画を投稿する方になってしまいました。

そうなると仕事中でも、間が空いた時に動画の内容を考えたりします。

そして、帰宅後はパソコン立ち上げて、考えていたことをパワーポイントでスライドに打ち込んでいきます。

スライドが完成して、話す内容がまとまってきたら、実際に撮ってみる。

何回か失敗しながらも、一番良いものを動画投稿。

30分で終わるときもあれば、1時間半かかかることも。

正直、仕事終わりに大変ですよね。

 

このように無編集でやっている僕でも大変だと感じるのに、編集しながら毎日投稿している人はすごいなと感心させられます。

企画立案➡台本作り➡リハーサル➡本番➡編集➡投稿を1人でやっているんですもんね。

尊敬します。

自分で投稿してみるまで気付かなかったことですから、このことに気づけて良かったのかもしれません。

 

再生されるとめっちゃうれしい!

喜ぶ男性と女性

そんなこんなで動画を毎日投稿することはすごく大変です。

大変ですが、動画を観てくれる人たちの存在が頑張る気にさせてくれます。

動画を投稿して、再生回数が0だと正直へこみます。

しかし、1回でも再生されていれば「観てくれる人がいるんだ」と励みになります。

YouTubeに毎日投稿している人たちって、そういう人たちがいることが続けていく支えにもなっているんだろうなと感じました。

ちなみに、僕もめっちゃうれしいです!

 

動画のクオリティをもっと上げていきたい!

赤線で上昇志向のビジネスマン

動画を再生されるとめっちゃうれしいのですが、再生されるほど「もっと良い動画を作りたい」という思いも出てきます。

とりあえずはBGMをつけてみたいですね。

ただの話す声だけだと、やっぱり面白みに欠けるのかなと感じています。

BGMがあるとその分動画っぽくなるのかなと。

 

しかし、BGMをつけたり編集に手を出し始めると、動画のクオリティを維持していく必要があります。

つまり、BGMなどを付け始めると、毎回の動画に編集という作業がプラスされてきます。

仕事で帰る時間がバラバラだったりするので、果たしてその編集を続けていけるのかという部分に自信が持てません。

まだ、動画を投稿し始めて1ヵ月も経っていないので、しばらく様子を見ながら、その点は考えていきます。

 

また、音声の録音についてもパソコンのマイクに向かってしゃべっているだけなので、専用のマイクの方がいいのかもと思い始めています。

音声も動画の大事な要素ですからね。

これも先ほどのBGMの件と同じで考えていきましょう。

 

まとめ

YouTubeに動画を投稿することは、大変だけど、再生されるとめっちゃうれしい。

うれしくなると、動画のクオリティにもこだわりたくなってきます。

そうなると、編集などで時間がとられ、投稿ペースが落ちるかもしれません。

質か?

量か?

それとも、頑張って両方を高めていくのか?

悩みどころですね。

 

でも、動画投稿って意外と楽しいもんですね!

コメント