今の仕事での辛かった経験【ベスト5】

スポンサーリンク

こんにちは。ゆるセミ(@yuru_semi)です。

ゆるく目指すセミリタイア生活を略して、ゆるセミです。

仕事をしているとさまざまな出来事が起こると思います。

その中で体調が悪くなるほどの辛い出来事などもあるでしょう。

というわけで、今回は社会人生活7年目のゆるセミが今の営業の仕事で辛かった経験をランキング形式でご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

【第5位】 毎日帰るのが12時過ぎ

一発目からなかなかハードなのが来ましたね。

最近は、働き方改革など言われて就業時間の短縮を言われています。

しかし、ゆるセミが入社した6年前は違いました。

入社して配属された営業所は売上も大きな営業所でした。

その分、こなす仕事の量も多い営業所です。

入社したばかりの頃は、仕事も遅いですから、余計に時間がかかります。

そして、自分の仕事は終わらせてから帰らないとお客さんに迷惑がかかる状況です。

その結果が、毎日12時過ぎの帰宅ということになってしまいました。

1日2日だったらよかったのですが、毎日となると大変です。

けっこうきつく、寝る時間も十分に確保できません。

そのため、仕事中も頭がボーっとする悪循環。

ちなみに、出社は7時半ぐらいだったので、毎日4時間睡眠でしたね。

この生活がしばらく続き、身体の方にもストレスが来ていました。

ある日、血尿が出たのです。

それからは、会社に行きながらも通院する日々でした。

帰る時間は若干早く帰るようにしました。

体調は良くなり、血尿も出なくなり良かったのですが、やはり無理をすると身体が悲鳴をあげるんだなということを実感した経験でした。

 

【第4位】休日にたびたび呼び出される

会社は完全週休二日制をとっています。

ですから、土日は休みになります。

ただ、お客さんは働いているところもあったりするわけです。

そうなると土曜日などは電話がかかってきますし、何かあれば呼び出されることもあります。

平日は遅くまで働き、ゆっくりと休みたいのに呼び出される。

こんなことが何回かあると、休みの日に仕事用の携帯に着信があっただけで、ビクッとしますね。

実際に、仕事用の携帯が鳴るとビクッとする体質になってしまいました。

そして、辛いことに仕事の電話の着信音の耳鳴りもする体質になりました。

おかげで、休みの日にもたまに仕事用の携帯に着信が無いのに、耳鳴りがして慌てて携帯を見ることがあります。

もう病気みたいなものですね。

 

【第3位】挨拶の前に怒られる

毎朝、「おはようございます」と言いながら扉を開けて、職場に入ります。

しかし、一時期は本当によく怒られる時期がありました。

「おはようございます」の「おは・・・」ぐらいで、上司に呼び出されます。

そして、上司の机の横で立たされた状態で10分ぐらい怒られます。

怒られている内容は、ゆるセミが悪いことがほとんどなのですが。

自業自得と言えばそれまでなのですが、それでも毎朝呼び出されると辛いです。

他の社員は机に座り仕事をしている中で、上司の机の横に立たされて怒られるゆるセミ。

めっちゃ目立ちますよね。

恥ずかしいやら、怒られるやらで辛かったですね。

 

【第2位】ゆるセミの失敗で上司が辛そうなとき

今度はゆるセミ自身が何かを怒られるということではないですが、これは精神的に辛いです。

ゆるセミが失敗して、大口のお客さんとの関係が最悪になってしまいました。

その際に上司がお客さんと話をつけてきてくれました。

関係が最悪になったのは、2日ぐらいのことだったのですが、上司が頭を抱えてどうすべきか悩んでいました。

そのときの上司は、ゆるセミのことを決して悪く言わず、「自分が部下を管理できていなかったことが悪い」と言っていたそうです。

ゆるセミが失敗してお客さんを怒らせているのに、上司は文句も言わず、頭を下げて、話をつけてきてくれました。

本当に申し訳なかったです。

しかも、上司自身の仕事は後回しにして。

自分のせいで他の人が辛い目にあっているというのは、自分が辛い目にあうよりも辛いかもしれません。

 

【第1位】お客さんが倒産したこと

これは本当につらかったですね。

お客さんの会社が倒産して、その担当の営業がゆるセミだったのです。

従業員の方にも報せずにいきなりの倒産だったみたいで、従業員もいきなり放り出された感じになりました。

その従業員の人たちは、途方にくれていました。

家族を養ったりしないといけないのに、いきなり会社が倒産したのですから、どうしようもありません。

今のご時世なら、そこまで珍しいことでもありませんが、それを近いところで経験すると、本当に大変なんだなと感じました。

従業員の方が男泣きしていた姿が今でも忘れられません。

一生懸命働いてきたのに、会社に裏切られるような形になったのが悔しかったのだと思います。

ゆるセミ自身が何か悪いことをしたわけではないのですが、やはり辛い経験ですね。

 

まとめ

仕事をしていると様々な辛い出来事があると思います。

それらをバネに成長できる方もいるかもしれませんし、つぶれる方もいるかもしれません。

ですから、色々な辛いことがあるということをせめて知っておくべきでしょう。

そう思い、今回はゆるセミが仕事をしていて辛かったことをランキング形式でご紹介しました。

書いていて思いました。

やはりゆるセミは「セミリタイアしたい」とね。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。