お金を使うことが癖になっている場合は注意しましょう

歩いている脚 お金の話
スポンサーリンク

こんにちは。ゆるセミ(@yuru_semi)です。

セミリタイアをする上でお金はあるに越したことはありません。

しかし、あなた自身の普段の生活を振り返ってみて、お金を使わない日が何日ありますか?

人によっては、毎日お金を何かしら使っているという人もいると思います。

そのお金は本当に必要なお金だったのでしょうか?

今回は、そんなお話です。

 

スポンサーリンク

欲しくなくても買ってしまう浪費癖

何となくで買ってしまうコンビニコーヒーありませんか?

何も買わなくてもいいのについつい買ってしまうってことはありますよね?

その積み重ねがあなたの貯金を邪魔している可能性があります。

そこで提案ですが、お金を使わない日を決めて、守ってみるというのはどうでしょうか?

もちろん、翌日お金を使わない日と決めたら、翌日分の食事を買い込むのもオッケーです。

前日に次の日の分の食事や飲み物を買っておけば、お金を使わなくても済むと考えると思います。

基本は、それでうまくいきますが、ついついコーヒーやデザートなどを買ってしまう人がいます。

そういう方は、お金をついつい使うのが癖になっているかもしれません。

一度、このチャレンジやってみてはいかがでしょうか?

 

浪費癖が見つかったら、なぜ買うのかをよく考えよう。

「なぜ、買う必要があるのか?」

これを考えることは、大事です。

理由もないのに買うことは、そもそも買わなくてもいいものを買っていることになります。

買わなくてもいいものを買っていては、お金を貯めることができません。

少しずつでもいいので、買わなくてはいけないものだけを買うような生活にシフトしていくことができれば、浪費癖も収まっていくことでしょう。

 

浪費癖の大敵は、ストレス

頭をかかえる男性

先ほどのように考えても、浪費してしまうことがあるかもしれません。

「なぜ、買わなくてもいいものを買って、浪費するのか?」

その答えは、あなたの精神からくるものかもしれません。

仕事や人間関係のストレスからドカ食いしたり、ショッピングで買いすぎたりする人はいます。

そういった行動によってストレスを解消しても、お金が消費されていきます。

もし、ドカ食いやショッピングでストレスを解消していては、ストレスが増えた場合はどうなるでしょう?

どう考えても、食べる量や買う量が増えますよね。

それにつられて、ストレス解消にかかるお金も増えていきますね。

 

「ストレスが増えれば、お金を使う量も増える」

 

このような状態であれば、お金も貯まりません。

 

お金が貯まらなければ、

「貯金もできないなんて」

と思い悩むこともあるかもしれません。

 

ここで、お金が貯まらないことによる新たなストレスが発生です。

このように悪循環が巡っていきます。

では、どうするべきなのでしょうか?

 

ストレス解消にお金をあまり使わない

歩いている脚

ストレス解消にお金をあまり使わないことが正解です。

ストレスも解消され、お金をあまり使わない方法は何かご存知ですか?

それは、軽い運動です。

 

軽い運動というところが重要です。

激しい運動だと逆にストレスが溜まりますので注意しましょう。

軽い運動は、すこし息が上がる程度です。

散歩なんてオススメですね。

 

あとは、個人的に1人カラオケです。

始めての方は恥ずかしいかもしれませんが、慣れればそんなことはありません。

逆に、1人の方が自分の好きな歌を周りの空気とか気にせずに歌えるので最高ですよ。

僕がよく利用するのが、「快活クラブ」のワンツーカラオケです。

1~2人用のカラオケ部屋が用意されています。

大きい声を出せばスッキリしますよ。

 

他にも、あなた自身の好きなことであまりお金を使わないストレス解消を探してみてはどうでしょうか?

 

まとめ

1日お金を使わない日を決めてみて、チャレンジしてみましょう。

それでも、お金を使う日は浪費癖がついている可能性があります。

まずは、買う必要があるのかよく考えましょう。

それでも、浪費癖が治らない場合はストレスの可能性もあります。

そんなときはお金のかからないストレス解消法を試してみましょう。

軽い運動はオススメですよ。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。