セミリタイアチャレンジをしている僕の資産公開2

お金の話
スポンサーリンク

こんにちは。ゆるセミ(@yuru_semi)です。

セミリタイアチャレンジを始めて、3ヵ月。

3ヵ月経った今の資産状況を公開していこうと思います。

2019年5月7日現在です。

気になる人は見ていってください。

 

スポンサーリンク

セミリタイアを目指す僕の資産公開

では、さっそく公開していきましょう。

普通預金 482,353円(2月:206,650円)
定期預金 60,096円(2月:80,096円)
外貨積立(NZドル) 97,504円(2月:99,347円)
外貨積立(南アランド) 7,609円(2月:4,931円)
株式 266,500円(2月:362,544円)
ロボアドバイザー(THEO) 243,090円(2月:182,832円)
仮想通貨 102,164円(2月:50,047円)
合計資産金額 1,259,316円(2月:986,415円)

以上が僕の全資産になります。

2月から比べると、272,901円のプラスになっています。

大きな要素としては、決算賞与が4月に出たことですね。

その賞与は、全額貯金しました。

セミリタイアの目標金額500万円まで残り3,740,684円となっています。

まだまだ、先は長そうですね。

 

あまり当てにならない資産が株式と仮想通貨

 

悩む男性

表の株式と仮想通貨ですが、あまり当てになりません。

 

株式の方は、価格が下落し続けている株を何回にも分けて買い続けていて、赤字が膨らんでいます。

株を買うならば、価格が下がり切ったところで買うのが一番良いですけどね。

しかし、どこが一番価格が下がり切ったところなのかを見誤り、まだ下がっている途中に何回も株を買っています。

おかげで、買ったそばから赤字になるという状況です。

それが、膨らみ2月に比べると-10万円ほどの赤字に。

株式の格言に、「落ちてくるナイフはつかむな」というのがありますが、まさに僕のように赤字を膨らませる人を作らないための言葉だったのですね。

ですので、株式の部分はギャンブル的な要素が強いから、資産として当てにするのは気が引けるというところです。

 

仮想通貨はどうなのかといった点ですが、株式と一緒であまり期待できません。

こちらもギャンブルみたいなものなので。

 

すぐに使うお金を貯めていくなら、普通預金が1番

ガッツポーズをとるビジネスマン

投資などにお金を回すとお金が自由に使えなくなります。

そのときに多くのお金が必要になり、普通預金の金額が少なければ、投資に回しているお金を使わなくてはいけない場面もあるかもしれません。

そうなれば、投資で損をする可能性があります。

今は赤字だけど、後々黒字になる予定の株を売ることになったとかですね。

僕の場合は、セミリタイアを目指しているわけですから、投資にお金を回し過ぎても困ると考えています。

仕事を辞めて、いざお金が必要となったときに投資ばかりに回していたら、対応できませんからね。

つまりは、投資と預金のバランスです。

 

投資はお金を増やせる可能性がありますが、お金を自由に引き出しづらくなる。

預金はお金を増やせないが、お金を自由に引き出せる。

 

ここら辺も踏まえながら、今後も資産をどのように配分していくか考えたいと思います

 

まとめ

僕の全資産は表に書いてある通りです。

今後は投資と預金のバランスを踏まえながら、どのようにお金を貯めていくかを考えたいと思います。

次の資産状況の公開は8月ですね。

8月までには、ボーナスもあります。

しかし、お金を使うイベントもあります。

ですから、8月はあまりお金自体は増えていないかなと考えています。

投資で大勝すれば別ですが。

 

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。