【書評】『ブチ抜く力』(セミリタイアを本気で目指すために読んでみた!)

セミリタイアに関する本
スポンサーリンク

こんにちは。ゆるセミ(@yuru_semi)です。

今回は書評を書いていきます。

今回の著書は『ブチ抜く力』です。

この本は、「秒速で1億円稼ぐ男」として有名な与沢翼さんの成功哲学的一冊になります。

与沢翼さんらしい言葉で書いてあるので、読んでいて楽しかったです。

セミリタイアのためにストイックにやるという点で参考にしたいと思います。

では、内容の方を書いていきます。

 

スポンサーリンク

内容

 

『ブチ抜く力』は、与沢翼さんが考えている成功哲学を書いたものです。

本書は、与沢翼さんが考える成功するためのルールが35コ書いてあります。

そのルールを考えた際の経験だったり、例え話が書いてあったりとわかりやすいです。

 

『ブチ抜く力』で大事な部分

『ブチ抜く力』には35コのルールが書いてありますが、第1章の基本の法則さえ読めば、後は読まなくてもいいのかもと思いました。

第1章を要約すると、一つのことにストイックに集中して、最速で圧倒的な成果をあげることが大事と書いてあります。

基本はこの考え方で、後のルールはその第1章の補足的な感じがしました。

ですから、第1章に書いてあることができれば、この本を買った意味があるのではないかと思います。

もちろん、第1章以降も与沢翼さんの考え方などを知ることができるので面白いので、気になる方は読んでみてください。

 

『ブチ抜く力』を手に取った理由

『ブチ抜く力』は書店に平積みにしてありました。

そして、与沢翼と聞くと、太ってる金持ちで没落したというイメージがありました。

しかし、最近は海外で何やら成功しているらしいというのは知ってました。

一度、没落した人が成功するなんていうのは、稀です。

だから、どうやって成功を収めたのか?その考え方を知りたくて手に取りました。

 

『ブチ抜く力』を自分に活かすとしたら?

『ブチ抜く力』は読んでいると、「何か一つのことに全力で打ち込んだことはあるのか?」と問いかけられている気がしてきます。

そして、それを今の自分で考えると、セミリタイア後のためにやっている収入源の確保を全力でやるべきかと思いました。

収入源の確保として、考えているのはブログとYouTubeですが、YouTubeに関しては、スライド動画である以上収益化は難しいのでブログにフォーカスしていきます。

今、書いているこのブログですが、不定期更新でやっています。

しかし、それだとやはり定期的な読者は寄りつきませんし、毎日更新というのが1つの大事な部分だと思います。

というわけで、まずは3週間やってみようかなと思います。

もちろん、飲み会のときとかあると思うので、予約投稿などをフルに使いながらやっていきます。

 

『ブチ抜く力』で響いた言葉

『ブチ抜く力』で響いた言葉をメモ代わりにここに書いていきます。

 

あなたが今を変えたいと思うなら、種を蒔き続ける事。
失敗を糧に、成功を積め。

僕たちは失敗を嫌います。

失敗すると他の人から何か言われるとか恥ずかしいとか。

でも、失敗を繰り返した先にしか成功は無いのでしょう。

少なくとも与沢翼さんは失敗を何度もしてこられたそうです。

その失敗から学び、その果てに成功をつかみ取ったのでしょう。

僕らも失敗を恐れずに、種を蒔き続ければいつかは花開く種があるかもしれません。

あきらめること無く、挑戦し続けようと思います。

 

10年あれば、人は何者にでもなれる。

今の仕事をしたままでの10年後の自分を想像すると、ゾッとします。

おそらく、変わらない業務の繰り返しで、どんどん疲弊していくのでしょう。

10年後は無理な働き方がたたって、体調をくずしているかもしれません。

そんな10年後の未来は嫌ですね。

だからこそ、未来のために行動し、未来の自分を救いたいと思います。

未来の自分を救うのは今の自分でしょう。

今の自分がラクで何もしない日々を過ごせば、10年後は何も変わりません。

しかし、今を未来のための頑張りに変えることができたなら、10年後は変わっていくかもしれません。

ラクなことに逃げず、少しずつでも今の自分でもやれることをやっていきます。

 

まとめ

 

『ブチ抜く力』は与沢翼さんの成功哲学が書いてある本です。

内容は、35コのルールが記載してあり、投資やダイエットなどの経験を通じて、与沢翼さんが考えたものです。

僕も学ぶところが多く、このブログも頑張って更新していこうというモチベーションになりました。

まずは、3週間更新を頑張りたいと思います。

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。