セミリタイアを目指すゆるセミの2020年1・2月の家計簿公開

通帳と計算機 支出公開
スポンサーリンク

こんにちは。ゆるセミ(@yuru_semi)です。

ゆるく目指すセミリタイア生活を略して、ゆるセミです。

今まで支出公開という形でやっていましたが、今回から家計簿という形で収支で後悔していきます。

1月はサボってしまったので、2ヵ月分まとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

2020年1月の家計簿

まずは、1月からいきます。

 

1月の収入

手取り給与 204,627円
出張手当 5,000円
投資 0円
副業 0円
合計 209,627円

投資や副業での収入がほしいところですね。

給与収入だけだと、セミリタイア達成までの時間がかかりすぎますからね。

 

1月の支出

次は1月の支出を見ていきましょう。

今回から固定費・変動費・特別費と分けて、ご紹介します。

固定費

家賃 10,000円
奨学金返済 14,518円
生命保険 8,800円
自動車保険 5,120円
駐車場代 6,000円
dアニメストア 440円
サーバー代 2,200円
合計 47,078円

変動費

食費 19,049円【前月:19,765円】
書籍 1,405円【前月:604円】
スマホ通信費 2,203円【前月:2,147円】
日用品 1,476円【前月:3,452円】
娯楽費 6,860円【前月:19,795円】
被服費 5,478円【前月:0円】
ガス代 3,213円【前月:2,987円】
電気代 4,356円【前月:3,099円】
水道代 4,094円【前月:0円】
駐車場代 1,960円【前月:300円】
ガソリン代 6,642円【前月:4,200円】
高速道路 5,400円【前月:5,400円】
美容費 1,200円【前月:0円】
飲み会代 23,000円【前月:31,250円】
合計 86,336円【前月:93,011円】

特別費

宿泊費 12,000円

 

1月の残金

というわけで、収入は209,627円・支出は145,414円となりました。

収入ー支出で残金は64,213円となり、このお金は投資と貯金に回しています。

 

2020年2月の家計簿

次は、2月の家計簿を見ていきましょう。

 

2月の収入

手取り給与 208,912円
保険返戻金 507,688円
投資 0円
副業 0円
合計 716,600円

2月は生命保険を解約したので、その返戻金が大きかったですね。

 

2月の支出

固定費

家賃 10,000円
奨学金返済 14,518円
自動車保険 5,120円
駐車場代 6,000円
dアニメストア 440円
サーバー代 2,200円
合計 38,278円

生命保険を解約したので、固定費が8,800円減りましたね。

これは大きいです。

変動費

食費 24,488円【前月:19,049円】
書籍 0円【前月:1,405円】
スマホ通信費 1,850円【前月:2,203円】
日用品 217円【前月:1,476円】
娯楽費 11,200円【前月:6,860円】
被服費 0円【前月:5,478円】
ガス代 3,889円【前月:3,213円】
電気代 4,369円【前月:4,356円】
水道代 0円【前月:4,094円】
駐車場代 320円【前月:1,960円】
ガソリン代 8,242円【前月:6,642円】
高速道路 9,420円【前月:5,400円】
美容費 0円【前月:1,200円】
飲み会代 15,300円【前月:23,000円】
合計 79,295円【前月:86,336円】

2月は特別費はなかったので、支出は以上になります。

 

2月の残金

というわけで、収入は716,600円・支出は117,573円となりました。

収入ー支出で残金は599,027円となり、投資と車検代に回す予定です。

 

2020年3月の予算

3月は、動画で予算を20万円と言ってました。

ただ、思ったよりも飲み会が多いことがあったので、現実的に厳しいかもしれません。

飲み会が多い要因というのは、送別会です。

コロナウイルスの影響もあるので、飲み会を自粛してくれればいいのですが、さすがにそんなことを言い出すわけにもいきません。

また、送別会ですので、会社からのお金も出ませんから、全て自腹ということになります。

今のところ、毎週飲み会があります。

この3月だけで5回もあるわけです。

なかなか厳しいですね。

とはいえ、他の部分を節約し、予算の20万円を達成できるように頑張っていきたいと思います。

 

まとめ

今回は、1月と2月の家計簿を公開しました。

実際に家計簿としてみてみると、どれだけのお金を残すことができたのか?

というのが、視覚化されて、それが節約や副業・投資のモチベーションにつながっていきますね。

収入と支出の差を広げることがセミリタイアへの近道です。

ぜひ、家計簿をつけることをオススメします。

セミリタイアを目指して、一緒に頑張りましょう。

 

 

 

コメント