【2021年7月】不労所得はいくらだったのか?

お金が降ってきて、手を差し伸べている図 毎月の不労所得
スポンサーリンク

こんにちは。ゆるセミ(@yuru_semi)です。

ゆるく目指すセミリタイア生活を略して、ゆるセミです。

「不労所得が毎月どのくらいなのか?」

この不労所得がどれだけ育つのかという部分がセミリタイア生活を大きく左右します。

さて、いくらになったのでしょうか?

この記事を書いた人
ゆるセミ

2019年2月よりセミリタイアを目指し始めたサラリーマン。
1人暮らしで地方住まい。
奨学金の返済をしながらも、セミリタイアを目指して、倹約生活を送る。
セミリタイアを目指している過程は、ブログやYouTubeを通して発信していきます。
2021年4月に資産600万円突破。

ゆるセミをフォローする
スポンサーリンク

7月の不労所得

配当金 10,300円
FX自動売買【トラリピ】 2,156円
合計 12,456円

不労所得は、配当金+FX自動売買(トラリピ)としています。

また、仮想通貨の部分ではbitFlyerやコインチェックのステーキングリワードサービス(Lisk)も始めてみました。

こちらは金額になおすのが難しいので、何LSKもらえたのかについて話していきます。

配当金

投資法人みらい(3476) 6,235円
大和Jリート(1488) 186円
ビジョナリーホールディングス(9263) 447円
GXTG 85円(0.78ドル)
IEF 45円(0.41ドル)
TLT 135円(1.24ドル)
DIV 664円(6.09ドル)
ARCC 2,503円(22.97ドル)
合計 10,300円

7月の配当金は、上記の通りとなりました。(1ドル=109円換算)

去年からコツコツと買ってきた投資法人みらいがしっかりと配当金を払ってくれていますね。

また、ARCCは先月が権利日でしたが、振り込まれたのが7月だったので7月で計算しています。

ちなみに、7月に買い増したのは、SPYD11口だけでした。

そして、下記が今までの配当金の推移になります。

配当金推移

2021年1~7月までの配当金合計は104,875円になってました。

2020年の配当金合計は105,812円だったので、もう少しで超えそうですね!

というわけで、少しずつではありますが、年間配当24万円(月2万円)に向けて着々と進んでいます。

FX自動売買【トラリピ】

7月はトラリピの方針変更をしたので、6,000円ほど損切をしました。

その結果、2,156円という少額の決済となりました。

損切をしてマイナスになるかと思ったのですが、プラスになってくれたのでそこは良かったかなと考えています。

ちなみに、変更した内容については下記の記事に書いています。

【トラリピ】オージーキウイ1本勝負!トラップ本数増やしました!
こんにちは。ゆるセミ(@yuru_semi)です。 ゆるく目指すセミリタイア生活を略して、ゆるセミです。 土日にトラリピの設定を眺めていて、どの設定がどのくらいの収益をもたらしていたのかを確認しました。 すると、圧倒的にオ...

最近は、僕の設定した買いのレンジを突き破って1.04ぐらいで推移していますね。

ここからまた上がってくれるといいのですが、どうなるのでしょうかね。

ただ、このようにトラリピは一気に決済され収入が大きい月と全く決済されず収入が少ない月があるので、生活費などの当てにするのは難しそうですね。

仮想通貨(Lisk)

7月に得られたLiskは下記の通りとなりました。

ビットフライヤー:0.00163823LSK
コインチェック:0.00190989LSK
合計:0.00354812LSK

どちらも10LSKしか保有していませんので、同じ条件なのですがコインチェックの方がちょっと多かったですね。

とはいえ、現在のLiskの価格は400円弱。

月々1円程度の不労所得です(笑)

あくまで現状なので、これからLiskが爆上がりしたらわかりませんが、どうなのでしょう?

ステーキングリワードについての説明は下記をお読みください。

ビットフライヤーとコインチェックによるステーキングリワードサービス。
10LSKを保有するとLiskを得られる可能性があるサービスです。
取引をする際に、取引を承認する101人の代表者を選出します。
その選出はLiskを持つ者の投票によって行われ、Liskを多く持つ者ほど多くの投票権を得ることができます。
そして、選出された101人が取引を承認すると報酬としてLiskが与えられます。
このサービスに僕らLisk保有者の代わりにビットフライヤーやコインチェックが参加し、報酬を得られた場合は、ビットフライヤーやコインチェック内でのLiskの保有量に応じて、Liskをもらうことができます。

ビットフライヤーのサイトでも説明があるので、詳しく知りたい方はそちらをお読みください。

bitFlyer のステーキングリワードサービス | 仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入/販売所/取引所【bitFlyer(ビットフライヤー)】
bitFlyer(ビットフライヤー)では仮想通貨ビットコインを透明な価格で簡単に取引することができます。チャートで相場確認も可能。bitFlyer(ビットフライヤー)は皆様のビットコインに関するあらゆる取引をサポートし、ビットコインの普及に貢献します。

今までの不労所得の推移

 

不労所得の推移

こちらが2021年の1月~7月までの不労所得の推移になります。

2021年1~7月までの不労所得の合計金額は、169,292円です。

ちなみに、仮想通貨Liskのステーキングリワードサービスはこのグラフと金額には入っていません。

1月以外の月は、1万円以上の不労所得を得ていることがわかります。

もっともっと不労所得を大きくして、月2万円、月3万円と徐々に増やしていきたいですね。。

不労所得の目標金額

不労所得の目標金額は毎月5万円(年間60万円)です。

毎月5万円と言う不労所得があれば、仕事を辞めた後も家賃+水道光熱費ぐらいは払えそうです。

基本となるライフラインが働かなくても維持されるというのは、非常に大きいですよね。

メインの配当金(月3万円)とサブのトラリピ(月2万円)で目標を達成したいですね!

8月の方針

さて、そんな目標金額を達成するための8月の方針を見ていきましょう。

配当金についてはいつも通りSPYDを買っていきます。

その他はおそらく何もしないと思います。

というか、株価が下がらないので何もできません(笑)

また、トラリピは戦略を変えたばかりなので数ヶ月はこの設定で動かしてみようと思います。

そして、数ヶ月の結果を以前までの設定と比べてみる予定です。

配当金やトラリピのどちらにしろ、8月は待ちですね。

待つことも投資だと思って、現金を少しずつ貯めていこうと思います。

現金が貯まれば奨学金の返済に充ててもいいからですね。

まとめ

7月の不労所得は12,456円でした。

7月は配当金はボチボチ、トラリピはう~んって感じの月でしたね。

6月は調子よかったので7月はこんなもんかもしれません。

相場は夏枯れ相場ですが、不労所得も夏枯れでしょうか(笑)

このまま枯れませんようにと願うのみです!

コメント